徒花 の 涙 歌詞。 ウォルピスカーター 徒花の涙

歌詞 「徒花の涙」ウォルピスカーター (無料)

「僕たちは苦しくても息をする」という言葉からは、どんなに苦しい状況にあっても決して諦めてはいけないのだという力強いメッセージが感じられます。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 「死に損なった心」はとうとう、なくなりかけていた「愛」でさえも奪ってしまいます。 生まれたことには何の罪もない、生まれた時点でそれが生きていることの理由になるのだという温かい思いが歌詞に込められています。

もっと

歌詞 「徒花の涙」ウォルピスカーター (無料)

その秘密は、圧倒的な語彙力の上に成り立つ言葉一つ一つの聡明さにあるのかもしれません。 。 ウォルピスカーターさん『徒花の涙』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

もっと

piapro(ピアプロ)

それは「生まれたこと」。 痛々しい言葉に聞こえますが、現実に同じような苦しみを抱えている人が少なくないのもまた事実。

もっと

ウォルピスカーター 徒花の涙 歌詞

TEXT ヨギ イチロウ. 「一人っきり」で泣いている「あの子」を舞台の中心に据えた物語が始まります。 「逃げ出した過去」という表現には、おそらく多くの人が共感を覚えるのではないでしょうか。 自分の経験と重ね合わせて思わずハッとさせられるような表現が、聴き手の心を掴みます。 そんな過去のしがらみを、歌詞に登場する「あの子」も同じように抱えているのでしょう。 本当はとても大切でキラキラ輝いているものであったとしても「ひた隠し」生きていかなければならない状況には、とても胸が痛みますね。 ウォルピスカーターさん『徒花の涙』の歌詞 アダバナノナミダ words by ハリハラツバサハリーピー music by ハリハラツバサハリーピー Performed by ウォルピスカーター. そうして精神的な落ち込みがピークに達した「あの子」の口からはとうとう「殺してくれ」という叫びが飛び出します。 また、生まれながらにして罪を背負っている、という考え方やその後に登場する「愛」といったキーワードは、どこか聖書やキリスト教的な発想を聴き手に与えます。

もっと