羽越 本線 遅延。 羽越本線 遅延に関する今・現在・リアルタイム情報|ナウティス

白新線・信越線・弥彦線・上越線・羽越線・越後線(新潟地区)運用情報

また、発生当日の18時には酒田市で「雷」が観測されており 、大気の状態が非常に不安定になっていた。

もっと

いなほ (列車)

事故から2年後の2007年12月21日、山形県庄内警察署に置かれていた同事故捜査本部は委嘱専門機関の鑑定結果として、突風の原因を『竜巻と見られる』と発表している。 2月1日:小岩川信号場・小波渡信号場が駅に変更され小岩川駅・小波渡駅が開業。 - 東日本旅客鉄道株式会社• (昭和28年)7月1日:中浦信号場が駅に変更され中浦駅が開業。

もっと

羽越本線 停車駅一覧、遅延・運行情報|鉄道路線情報

また臨時車扱貨物の取扱駅として・がある。 特急「」:上野駅 - 秋田駅間• (令和元年)• - 東日本旅客鉄道プレスリリース 2007年12月21日• 12月5日:あつみ温泉駅 - 小波渡駅間に「強風警報システム」が導入。 このほかに当時の状況や関係者の証言などから、以下の点について議論されている。 : までの期間中、の感染拡大防止のため、車内販売を中止。 (37年):新潟駅 - 秋田駅間を運行するとして、を使用した「 羽越」(うえつ)が運行を開始する。 (昭和60年)3月14日:上越新幹線が上野駅まで延伸開業し、羽越線内から上野駅まで直通する昼行優等列車が消滅。

もっと

羽越本線 停車駅一覧、遅延・運行情報|鉄道路線情報

1988年3月13日 - 2002年11月30日まで酒田駅・羽後本荘駅 - 秋田駅間を運行する快速列車に「こよし」の名称が与えられていた。 旅客駅:60(起終点駅含む)• 9月19日に仮復旧するまで不通となる。 また、通過となった新発田駅・中条駅・坂町駅への利用客対策として新潟駅 - 村上駅間の快速列車「 せなみ」2往復運行開始。 そのため、「」の485系投入までは青森駅発着の「いなほ」や「やまびこ」の青森までの季節延長(または同ダイヤでの回送列車)で青森運転所の入出庫を行っていた。 4月1日:新発田駅 - 村上駅間を新潟近郊区間に追加。

もっと

東北の運行情報(JR、私鉄、地下鉄、新幹線)

羽後岩谷駅が開業。 :鳥海駅・上浜の両仮乗降場が開業。 , 2013年6月26日閲覧。 「羽越」2往復体制となる。 CTC の試使用開始。 :大阪駅 - 青森駅間の特急「白鳥」が廃止。

もっと

東北の運行情報(JR、私鉄、地下鉄、新幹線)

(大正8年)• :西目駅 - 羽後本荘駅間が複線化。 「いなほ」秋田駅発着列車を1往復増発し、「いなほ」上野駅 - 秋田駅2往復・上野駅 - 青森駅1往復の3往復体制となる。 :1962年8月1日廃止、新発田駅 - 加治駅間• このため村上・三瀬間には旧線の遺構が数多く見られる。

もっと

羽越本線 遅延に関する今・現在・リアルタイム情報|ナウティス

消防・警察など [ ] 事故発生直後から、地元のを主として山形県庄内地方から、から、から、、、、、のなどが山形県消防広域応援隊として出動し、山形県警察からもが出動し、横殴りの地吹雪の中、各機関が協力し不眠不休で救助活動に当たった。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道新潟支社, の2014年5月29日時点におけるアーカイブ。 8km が延伸開業。 3キロメートル区間にわたる恒久的な防風柵の設置工事が完了。

もっと