水平 震度。 危険物の規制に関する技術上の基準の細目を定める告示(昭和49年自治省告示99)

突出部の水平震度は?1分でわかる意味、地震力の求め方、突出部の例

マグニチュード 震源地での地震の大きさを表す尺度です。 建築物が存在期間中にきわめてまれに遭遇する可能性のある大規模な積雪や暴風雨を想定した設計方法である。 建物を揺らす地面の地震動を速度の周期分布で表現したのが速度表面スペクトルである。 手計算で計算可能 満足すべきクラテリア、手順が明確である。 建築物は、自重、積載荷重、積雪、風圧、土圧及び水圧並びに地震その他の震動及び衝撃に対して安全な構造のものとして、次に定める基準に適合するものでなければならない。 また、例えば、加速 度(あるいは速度)だけが大きいような記録の場合、必ずしも計測震度が大きくないなどということも起きえます(逆もしかり)。 三 局部的なすべりを防止できる一体構造の鉄筋コンクリートリングを側板の外傍に有するものであること。

もっと

耐震基準

、ホテル、旅館、下宿、共同住宅、寄宿舎その他これらに類するもので政令で定められるもの。 Xの適用範囲が広すぎること、ヨーロッパの生活を基にした基準であり、メルカリ震度階級が出てきたこともあり、次第に使用されなくなった。 イ 側板の外部の近傍の表面は、当該近傍の円周上の十メートル以下の等間隔の点 当該点の和が八点未満となるときは、八点とする。

もっと

なるほど!地震計【知っておきたい予備知識】

3を限界とする考え方は、新耐震基準になるまでずっと続きました。 一般的な地震は数10Hz以下が主成分で、水平方向より垂直方向の波の方が振動数が高くなっています。

もっと

耐震基準

実際の設計に用いる詳細な荷重規定はASCE 7および AISC(鋼構造)、ACI(コンクリート構造)を参照する仕組みとなっている。

もっと