アコード 試乗 車。 【試乗インプレ】ホンダ新型「アコード」、日本市場とのマッチングはどうか? / 車内のスピーカーからも出されるエンジン音は驚くほどスポーティ

アコードハイブリッド試乗の感想。乗り心地はホンダっぽくない!?

ただね、無難にまとめすぎたかな、という気がするのだ。

もっと

HONDA 新型アコード 試乗インプレッション|中古車なら【グーネット】

新型インサイトの時にも思ったが、ホンダのハイブリッド車はブレーキフィールが素晴らしいね。 アコードの2大生産拠点は米国オハイオと中国の広州だが、タイでも10年以上前からつくられている。 通算10代目となったホンダの名門、新型アコードは予想以上の「実力派」だった! 2017年秋の北米投入から遅れること約2年。

もっと

【実はホンダ版e

でもね、なぜか不思議と、「いいクルマだなぁ!」といった感動がないというか、「欲しい!」と思わせる「何か」が足りないんだよね。 新型アコードは465万円の価格に見合う「質」を持つ? 新型アコードのインパネ。 意外にも4輪独立のアダプティブタイプはアコードとして初採用だという。 オンオフができるものではないので、あるなしの差を体感することはできないが、これと同じ効果をボディー側の防音材などで実現するとなると、いまより10kg重くなるという。 新型アコードの ライバルとして挙げられていた車種は下記の通り。 価格は465万円。

もっと

注目のホンダ新型「アコード」に試乗 競合のドイツ車セダンに勝るポイントとは

そのあたりを含め、早速実車を見ていくことにしよう。 詳しくは販売店までお問合せください。 例えば、センターコンソールの部分って目につきやすい部分の1つで、ここの質感を上げるとパッと見の第一印象で上質感や高級感を感じさせやすい(と私は思っている)のだが、新型アコードのセンターコンソールには、新型インサイトと同じくシフトレバーが無い。 《九島辰也》. 加速力はエンジンが掛かっている状態でアクセルを深く踏めば、大柄ながら先代アコードより50kg軽い1560kgの新型アコードをグイグイと引っ張り、爽快だ。 一部C6と逆だったので。 ロードノイズ以外の音がしません。 自転車や歩行者を検知可能な「衝突被害軽減ブレーキ」、車間距離を自動制御できる「クルーズコントロール」などの運転支援機能、「本革シート」「ナビゲーションシステム」などが、すべて標準装備されている。

もっと

外観だけじゃない、中身もスポーティーに生まれ変わった新型「アコード」に試乗

特に運転席ではほとんどノイズが届かないのは、アクティブノイズコントロールを使っているからだ。

もっと

ホンダ 新型アコード発売から4ヶ月 乗ってわかった「イイところ」と「んんん?なところ」

EVモードで走ることもあるが、エンジンがかかっていても、止まっていてもパワートレイン系からのノイズがほとんど聞こえてこない。 しかし、新型車の進化は「セダンらしさ」が要点である。 ちょっと高音のキレと伸びが物足りないところはあるが、臨場感は素晴らしいね。 起業ってどんな業種なのですか?大変気になります。 新型『アコード』は今回で10代目となる。 2019年からはアジア圏でも販売を開始し、日本はいちばん後回しになっていた。 後席はトランク側から倒す事が出来、非常に便利そうでした。

もっと

ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 まぎれもなく外車

そのため、欲しいクルマの発売時期が遅くなれば、別のクルマを買うことも考えられる。 18インチを履きこなしたフラットな乗り心地 新型の美点はフラットな乗り心地を実現していることだ。 でもカタログのクルマのようにカッコよくするとなると、すごく高くなる。 新型アコードは「良いクルマ」なのになぜ地味なのか 国内外で直接の競合となるトヨタ カムリ。 試乗したのは「EX」。 e:HEVでは、エンジンは発電を受け持つから、走行状態に関係なく高効率な回転域を保つことができる。

もっと