クラウド コンピューテ ィング サービス。 クラウドコンピューティング

クラウドコンピューティングの普及が日本のビジネスを変えてゆく

2に定める管理策並びに付随する実施の手引及び関連情報を適用する。 しかしな がら,クラウドサービスカスタマは,クラウドコンピューティングシステムにおいて生成される全てのク ラウドサービスカスタマデータ(例えば,PaaSの開発機能の利用によって生成される実行可能なファイル) のバックアップを取得することについて,自らの責任を認識していない場合がある。 クラウドサービスプロバイダは,クラウドサービ スカスタマに,クラウドサービスプロバイダのシス テムで使用しているクロックについて,及びクラウ ドサービスカスタマがそのクロックをクラウドサー ビスのクロックに同期させる方法について,情報を 提供することが望ましい。 クラウドサービスのための実施の手引 クラウドサービスカスタマ クラウドサービスプロバイダ クラウドサービスカスタマは,クラウドサービス カスタマによるクラウドサービスの利用に関連し て,クラウドサービスプロバイダが収集し,保存す る記録の保護に関する情報を,クラウドサービスプ ロバイダに要求することが望ましい。 特に第三者に対応する際に,データの管理責任,アクセス制御,基盤の保守のような事項の,役割並び に責任の定義及び割当てが曖昧なことによって,事業上の又は法的な紛争が起こる可能性がある。

もっと

【図解】コレ1枚でわかるクラウドの「5つの特徴」:ITソリューション塾:オルタナティブ・ブログ

7 情報システムの監査に対する考慮事項 22 13 通信のセキュリティ 23 13. 注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。 「何だかよくわからないが業界トレンドらしいから」というだけの根拠で経営陣が主導して推進する企業も多く現場技術者を振り回している、との主張もある。 クラウドサービスプロバイダは,クラウドサービ スカスタマにサービス監視機能の文書を提供するこ とが望ましい。 世界初のアウトソーシング事業でのBS7799認証取得支援に参画• 組織の情報は,クラウドコンピ ューティング環境に保存及び維持することができ,ビジネスプロセスは,クラウドコンピューティング環 境にて運用することができる。 [14] NIST 2009,Effectively and Securely Using the Cloud Computing Paradigm. この 証拠は,契約の前に,クラウドサービスの利用が見 込まれる者に利用できるようにしておくことが望ま しい。 2 供給者のサービス提供の変更に対する管理 JIS Q 27002の15. 目録の記録 では,例えば,クラウドサービスの特定など,資産 を保持している場所を示すことが望ましい。 5に定める管理策並びに付随する実施の手引及び関連情報を適用する。

もっと

JISQ27017:2016 情報技術-セキュリティ技術-JIS Q 27002に基づくクラウドサービスのための情報セキュリティ管理策の実践の規範

~ 『 ウィキペディア』 による解説• クラウドサービスプロバイダは,知的財産権の苦 情に対応するためのプロセスを確立することが望ま しい。 2 供給者のサービス提供の管理 26 16 情報セキュリティインシデント管理 27 16. クラウドサービスカスタマは,将来のクラウドサ ービスの性能を確実にするため,クラウドサービス の使用を監視し,将来必要となる容量・能力を予測 することが望ましい。 例えば,クラウドサービスプ ロバイダは,多要素認証機能を提供し,又は第三者 の多要素認証メカニズムを利用可能とすることがで きる。 クラウドサービスカスタマ及びクラウドサービスプロバイダは,JIS Q 27002及びこの 規格を,管理策及び実施の手引を選択するために参照し,必要であればその他の管理策を追加することも できる。 重大なインシデントの例としては,多数の仮想サーバの消去若しくは シャットダウン,又は仮想資産の破壊が含まれる。

もっと

【図解】コレ1枚でわかるクラウドの「5つの特徴」:ITソリューション塾:オルタナティブ・ブログ

一方、日本企業の場合は、「個人情報や経営情報を含む、障害の許されない基幹系システムを、他社の環境に預けていいのか?」という不安を払拭しがたいようです。 ユーザー側に必要なものは最低限の接続環境とやなどの、そしてサービス利用料金である。 クラウドサービスのための関連情報 クラウドコンピューティングには,迅速な提供及び管理並びにオンデマンドセルフサービスという利点 がある。

もっと