ダイハツ ムーヴ モデル チェンジ。 新型ダイハツ ムーヴ2021年初夏フルモデルチェンジ!?最新情報/予想まとめ

【新型ムーヴ 2020】モデルチェンジは、いつ?予想情報まとめ。発売時期、デザイン、エンジン、燃費、スマートアシスト、価格など

2020年中にデビューすると言われている新型ムーヴ。 スマートアシスト3は、スマートアシスト2の衝突回避支援ブレーキ機能、車線逸脱警報機能、誤発進抑制制御機能(前後)、先行車発進お知らせ機能にプラスして 「歩行者への衝突回避支援ブレーキ機能」と「オートハイビーム」が追加された安全システムです。 2016年1月29日に発表された トヨタはダイハツの完全子会社化を発表の場で両社社長の掛け合いの中でトヨタの新型プリウスから採用された「TNGA(Toyota New Global Architecture)」と呼ばれる新開発のプラットフォームをもじり、ダイハツは「 DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」としたプラットフォーム名にするとも話していた。

もっと

【新型ムーヴ 2020】モデルチェンジは、いつ?予想情報まとめ。発売時期、デザイン、エンジン、燃費、スマートアシスト、価格など

そして、新型「タント・カスタム」でも採用されている流れるタイプのシーケンシャル風ウィンカーが、今後のダイハツのアイデンティティになる可能性が高いとのことで、今回のフルモデルチェンジでは積極的に取り込んでくるのではないかと、セールスさんも説明していましたね。 トランスミッションには 世界初の「パワースプリット技術」を採用した、新開発の「 DCVT(Dual mode CVT)」更に先進技術「」を採用する。 2011年8月生産分以降は15インチアルミホイールにインチダウンされている。 「カスタムの全車でハイパーを選べる」のがウリなわけだが、そこまでこだわるのはLEDイルミネーションランプを備えたグリルだろう。

もっと

ダイハツ ムーヴ次期型は過激な顔に変身!プラットフォームはDNGA採用へ

ダイハツ ムーヴ カスタム TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ• 尚、このモデル限りで4気筒エンジンが消滅。 事実、現行ムーヴカスタムは何年か前のマイナーチェンジでダサく改悪されている。 でも自転車などには対応できないなど、ホンダセンシングやと比べるとややレベルは落ちます。 前後のフェンダー(タイヤが収まる部分)のデザインによる効果だろう。 それはさすがハイブリッド、という感じです。

もっと

【2021年12月】ダイハツ新型ムーヴ フルモデルチェンジ最新情報まとめ!次期ムーブキャンバスはどうなる?ハイブリッド化は?【発売日デザイン】

ダーク系カラーが多くラインナップされていて、 新型ムーヴ カスタムのかっこよさを惹き立てる魅力的なカラーが揃っています。 「X"SA II"」・「RS"SA II"」をベースに、外観はフロントグリルにゴールドメッキ、ドアアウターハンドルにゴールドに変更し、フロントフェンダーとバックドアに専用Anniversaryエンブレムを装着。 フロントは空力性能を重視しより滑らかなラインとされ、グリルを大型化することで個性を強調。 標準車・カスタム共にLをベースに設定され、標準車では専用の内外装を施した他、オプティトロンメーター、キーフリーシステム(イモビライザー機能付)、ドアミラーターンランプ、リバース連動ドアミラーなどを装備し機能を充実。 (参考)2019年 - 4代目ムーヴ用に設定の後付け安全装置「つくつく防止」に5代目ムーヴ用が追加設定された(同日に初代用も設定)。 ダイハツ ムーヴ 後方誤発進抑制制御機能• コットンアイボリー〈T19〉• 廉価版のCAがカタログ落ちし、CSの装備品がCGとCLの中間的な内容になった。 5月6日 - 女性ユーザー向けに「」を発売。

もっと

新型ムーヴ/カスタムのモデルチェンジ情報:ダイハツとトヨタの技術を投入し燃費と安全性能の大幅な向上が実現するモデル!|ネクストカー・ジャパン

今回の改良では平均で約35kgの軽量化を図るとともに 、KF型エンジンも特性を全面的に見直し、をに統一。 (オートライトスイッチも使い難い) 12月に新型が販売されるならディーラーなどに見積りを貰いに行けば教えてくれるはずです。 ムーヴキャンバスも同時にフルモデルチェンジするか? 最後はその「ムーヴキャンバス」の行方。 ムーヴキャンバスの燃費 ムーヴキャンバスの燃費は、JC08モードが28. 車名の「MOVE」の由来は、英語の「動かす」「(生物の)動作」からきています。

もっと

ダイハツムーヴ!!次期型モデルチェンジはDNGA採用で夏予定?!

文:遠藤徹/写真:HONDA、NISSAN、MITSUBISHI、SUZUKI、DAIHATSU タントはダイハツの新世代プラットフォームのDNGAの初採用をはじめ、軽自動車初、日本初技術をふんだんに盛り込んだダイハツの意欲作で販売好調 新型タントの登場でスーパーハイトワゴン市場がまた賑やかになっている。 カスタムは「メテオライトグレーイリュージョナルパール(メーカーオプション)」、「ナイトシャドーパープルクリスタルメタリック(メーカーオプション)」が廃止され、ムーヴは9色、カスタムはモノトーンが6色・2トーンが5パターンの設定とした。

もっと

歴代ダイハツ ムーヴ フルモデルチェンジの歴史

2世代目L900系以降は標準車とカスタムでテールランプが異なるが、初代は両車とも同じである。 燃費性能・基本性能・安全性能・デザイン等の向上を図るべく大幅な改良が行われる。 「2019年の新型デイズは同クラスのハイトワゴンで年間販売台数がトップになる」(日産首脳)とコメントしている。 2013年 - 福祉車両「フレンドシップシリーズ」にラインナップされている「フロントシートリフト」をマイナーチェンジ。

もっと