大 二 重 変形 二 重 斜 方 十 二 面体。 大二重変形二重斜方十二面体

切頂十二・十二面体とは

12 八・六面体 はちろくめんたい 立方八面体 立方体は、正多面体を並べる際に、あえて正六面体と呼ばれる事があるようですので、立方八面体にもそれに対応する呼び名が必要だと思います。 2008. 正双五角錐なら双正五角錐となります。 対してねじれという表現はそのまんまで判り易いですし、ねじれ双角錐やねじれ角柱という呼称に対しては、立方体もねじれと呼んだ方が良さそうですが、ねじれ角柱の場合の「ねじれ」をそのまま適用するならば、 ねじれ斜方立方八面体となりそうです(ねじれ角柱の別名は反角柱なので、逆にこれを利用して 反斜方立方八面体とも表現できそうです)。

もっと

二重三角十二・十二面体

4 正双角錐 これは「双正角錐」と呼んだ方が正しいのではないかと思います。 意味的にはよくわからなくなってしまいますが…。 2008. 日常的には、四角形自体が正方形を意味している事も多い事も混乱の原因かもしれません。 この場合、ポリトープは「 多境体」等となります(「境界が沢山ある」というのはイメージに合わないかもしれませんが、多面体も「1つの閉曲面」とも見なせるのにこの名前なので、「平らな境界が沢山ある」程度の解釈をすれば合う気もします)。 双四角台塔反柱• 二重二方という表現が解り辛いですが、四方立方体と三方八面体は共に二方菱形十二面体と呼べそうなので、その両方を併せ持ってるという事で二重二方という感じかと思います。 31 内接四角形 上記同様、「円内接四角形」か「外心四角形」の方が妥当だと思います。

もっと

大二重斜方二十・十二面体

もし「面」に掛かっているとしても、面周りの形状が等しい点ではカタランの立体の方が半正多面体っぽくて少々ややこしいです。 この多面体は、他の一様多面体とは異なる以下のような特徴を持っている。 17 斜方立方八面体 「斜方」って何が斜め方向なのか謎ですが、これは恐らく「菱形」を意味しています。 他、六方に対しては 八方立方体(八方六面体)や 十方十二面体とも呼べそうなので、偏ったネーミングでもあります。

もっと

アコニック・ランド:雑語(工事中):図形の言葉

なぜ普通に超楕円、超楕円体とならなかったのかと思う所ですが、長楕円と音が被りますし、全く別の概念で超楕円曲線というものもありますし、楕円体の多次元版も超楕円体と呼べそうなのでややこしいです。 すると、正八面体になります。 方円では単に「円と方形」って意味になってしまうみたい。 上記と同様の理由により、 等頂囲正面多面体の方が正確かも。 2016. 15 複合多面体 この三つはそれぞれの違いが解り辛いと思います。

もっと